衛生管理者とは

衛生管理者の資格手当!一般的な手当相場と衛生管理者の難易度

担当者
担当者
衛生管理者の資格手当って相場的にいくらですか?

衛生管理者の資格手当の相場を紹介!企業の事情により手当の幅は、大きく変動。

この記事の内容
  • 衛生管理者の資格手当の相場額
  • 衛生管理者の資格手当の支給方法
  • 衛生管理者の手当を交渉する

衛生管理者の手当相場

衛生管理者の手当相場
多くの企業が取得を求めている衛生管理者の資格。

勉強の成果が実り、資格取得時に会社から支給される手当はいくらでしょうか。

企業の資格手当は大きく分けると2つあり、衛生管理者取得時に支給される「取得手当」と任命後に支給される「選任手当」です。

その手当の相場を見ていきましょう。

取得手当 選任手当
衛生管理者を取得した時に一時的に支給されます 衛生管理者として任命されると支給されます
3,000円~10,000円 1,000円~3,000円/月
衛生管理者の取得手当の特徴は!

衛生管理者取得時に1回のみ支給される『取得手当』は、3,000円~10,000円が資格手当となります。

衛生管理者の合格率を考えると、他の国家資格と比較されて手当が安く設定されている傾向にあります。

衛生管理者の選任手当の特徴は!

衛生管理者として選任され続ける限り毎月支給される『選任手当』は、1,000円~3,000円が資格手当となります。

手当は、安いですが仕事として衛生管理者に選任され続ける限り支給されるので長期間選任され続ければ結構な手当額になってきますね。

資格手当が大幅アップの予感!

資格手当が大幅アップの予感!
手当相場では、企業から衛生管理者として選任されると月1,000円~3,000円が資格手当として支給されます。

この資格手当、今後は大幅にアップするのではないかという予感があります。

理由は以下の2つです。

  • 企業は優秀な人材を求めている
  • 従業員のスキル・モチベーション向上
手当額をアップさせて!優秀な人材を確保

生産性の向上を求められる企業において、スキルを持った優秀な人材が必要です。

衛生管理者は、労働環境の改善や従業員の労働衛生に関与できる国家資格であり、今後は手当額を上げて衛生管理者資格を持った人材の採用・育成に注力していくことが予想されるためです。

手当を上げて!従業員のスキル・モチベーション向上

既存社員のスキル向上は業務の質に直結します。

また自身のスキルを手当という形で還元されることで、モチベーションも高く保つことができます。

もちろん手当だけでモチベーションが左右する要因ではありませんが、手当の有無は従業員の関心が高いです。

手当を出すことでスキルやモチベーションを向上させる企業は増えそうだからです。

以上のように、企業は人材確保・育成の観点から資格手当を大幅にアップさせていく予感がします。

衛生管理者の取得手当を交渉する!

衛生管理者の取得手当を交渉する!
衛生管理者資格を取得した際、一時的に支給される取得手当ですが、企業によっては手当が支給されない場合もあります。

衛生管理者は、事業場の衛生状態や従業員の労働環境を管理・改善できる国家資格ながら選任義務のない企業の場合、手当を支給しないことがあります。

衛生管理者の手当が支給されない企業にお勤めの方は、人事・総務部門に対し衛生管理者の取得手当を交渉してみてはいかがでしょうか。

企業の成長に伴い必要不可欠となる衛生管理者は、企業にとって従業員に取得させるべき資格なので手当の交渉に乗る可能性ありです。

衛生管理者資格が必要不可欠なのか衛生管理者の選任義務について書いた『衛生管理者って事業場に何人いると必要なの?衛生管理者の選任条件は』で分かります!

・・・と言うより、衛生管理者の方でしたら企業が衛生管理者を選任するべき時かどんな時か知っていますよね!

衛生管理者って事業場に何人いると必要なの?衛生管理者の選任条件は衛生管理者は、事業場(⁼働く場所)に労働者が何人いると必要になってくるのかを紹介!また労働者が何人以上いると複数人の衛生管理者が必要になってくるのかも大きな会社・工場だと必要不可欠な情報なのでまとめてみました。...

衛生管理者は重要な資格!手当を出して取得促進

衛生管理者は重要な資格!手当を出して取得促進
Shino40
Shino40
人事・総務部門の方がいたら下記内容を認識するべき!

衛生管理者は、従業員50人以上が所属する事業場で選任することが義務となっています!

だから衛生管理者資格保持者が、選任数ギリギリなら手当を出してでも取得促進する必要があります。

  • 衛生管理者が退職し、選任すべき衛生管理者がいない
  • 衛生管理者の選任不足で、異動が出来ない

事業場の人数に応じて選任すべき衛生管理者は異なりますが、企業はこのような事態に備えなければなりません。

取得手当あるいは選任手当を出して、より多くの従業員に衛生管理者の資格取得を促進しましょう。

衛生管理者は企業にとって必要不可欠な資格

衛生管理者は企業にとって必要不可欠な資格
衛生管理者は企業にとって必要不可欠な資格です。

労働安全衛生法により、従業員の雇用形態に関係なく50人以上の従業員がいる事業場には、選任義務が定められています。

つまり企業にとって、どんな理由があろうが衛生管理者を選任しないことは法律違反に該当します。

健康経営やコンプライアンスが求められる現在において法律違反は、企業活動やイメージにとって大きな損失となってしまいます。

衛生管理者が退職!手当を出し取得促進して備えろ

衛生管理者が退職!手当を出し取得促進して備えろ
衛生管理者が退職して、選任できる衛生管理者が0人!なんて事態に陥る前に、資格手当を出して従業員に衛生管理者の取得を促しましょう。

企業は、業績や利益率アップを果たしたとしてもコンプライアンス違反すれば、一気にマイナスなイメージが広がります。

  • 現在資格手当を出している企業は、手当の金額をアップ
  • 資格手当を出していない企業は、規定整備や組合交渉をし手当支給

などで社内の衛生管理者有資格者を確保しリスク回避をしていきましょう。

もし衛生管理者の退職で困っている場合は『衛生管理者が退職!衛生管理者資格を取得している社員がいない場合の対応』で一時的な解決ができますよ。

衛生管理者が退職!衛生管理者資格を取得している社員がいない場合の対応衛生管理者が退職した場合の企業の対応を紹介します。衛生管理者は、50人以上いる事業所で選任が義務付けられていますので衛生管理者が退職したら代わりの衛生管理者の免許を持っている社員を選任する必要があります。...

衛生管理者の資格手当について【まとめ】

衛生管理者取の資格手当は、1,000円~10,000円の間が一般的な手当支給額となります。

ちなみに衛生性管理者の資格手当は2種類あり

  • 衛生管理者を取得した時、1回のみ支給される手当
  • 衛生管理者に選任された時に、毎月支給される手当

衛生管理者を取得した時に1回のみ支給される手当は、3,000円~10,000円が一般的な手当支給額となります。

どうしても衛生管理者の合格率を見てしまうと衛生管理者は、簡単な部類の資格と認識されているので…妥当な手当額でしょう。