衛生管理者試験の内容

衛生管理者試験は難しい!衛生管理者の難易度を合格率だけで判断するな

受験者
受験者
衛生管理者試験とは難しい試験なんでしょうか?

衛生管理者試験は難しいです。合格率50%で衛生管理者試験を簡単と考えていると不合格になるよ。

2021年の衛生管理者の合格率を知りたければ『【2021年】第一種衛生管理者試験の合格率を推測!2021年の難易度が分かる』で確認!2021年は今まで以上に難しい状況ですよ。

【2021年】第一種衛生管理者試験の合格率を推測!2021年の難易度が分かる2021年の第一種衛生管理者の合格率を推測してみました。SNS・掲示板の第一種衛生管理者の合否情報から2020年と2021年を比較分析して合格率を算出してみました。2021年の衛生管理者の合格率から難易度が分かってきます。...

衛生管理者試験は難しい試験!

衛生管理者試験は難しい試験!
衛生管理者試験は、変形問題が増え過去問学習では不十分となり難しい試験となっています。

そこで今回は、衛生管理者が難しい根拠と合わせて勉強法

  • 出題方法がどのように変わったか
  • 間違った過去問勉強法とはなにか
  • 動画を使った正しい勉強法

についてまとめました。

衛生管理者試験の出題方法が変わった

衛生管理者試験の出題方法が変わった
衛生管理者試験の出題方法が変わり、変形問題や見たことない問題が多く出題されるようになったのです。

以前は、過去問の数値などを変えた問題が多く出題されていました。

最近は、社会情勢や法律改正などを積極的に盛り込み『本当に理解しているのか』を問う難しい出題が増えています。

変形問題や過去問で出題されたことのない問題は、3割近く出題され過去問の反復学習のみで合格することは難しい状況になっています。

出題方法が変わっても確実に衛生管理者試験に合格するために、次のポイントを念頭に置き勉強に取り組みましょう。

【合格のポイント】

×
理解を深める 暗記する
動画+過去問 過去問だけ
計画的に(100時間) がむしゃらに

これらを踏まえたうえで過去問勉強法や効率的な衛生管理者試験対策について説明していきます。

衛生管理者試験の間違った過去問勉強法!

衛生管理者試験の間違った過去問勉強法!
衛生管理者試験に合格するためには、過去問を勉強する必要がありますが「過去問を反復学習する」だけの間違った勉強法はやめましょう。

なぜなら過去問を活用する理由は、出題範囲の確認と試験慣れと自信をつけるためであり、衛生管理者試験に合格する知識を得るものではありません。

だから過去7回分の過去問を解くことで、以下の気付きがあります。

  • テキストとは違う試験問題特有の言い回し
  • 出題意図の読み間違いが失点につながる
  • 絞り込みができない、理解が不十分な分野

過去問は、あくまで衛生管理者の知識や勉強のおさらいをして、試験慣れや自信をつけるために活用しましょう。

衛生管理者試験対策!オンライン講座で効率的に合格

衛生管理者試験対策!オンライン講座で効率的に合格
衛生管理者試験の範囲は広く、一夜漬けや暗記だけでは合格できません。

合格するには一般的に100時間が必要と言われ、忙しい社会人は限られた時間で効率よく勉強を進めなければなりません。

そこで忙しい社会人におすすめの勉強ツールが、オンライン講座を活用した勉強法です。

《オンライン講座を活用した勉強法のメリット》

  • 情報量が多い
  • 持ち運びやすい
  • スキマ時間を活用できる
  • 音声と映像で記憶に定着しやすい

というメリットがあり、『勉強時間の確保』『暗記力アップ』が可能です。

特に衛生管理者試験を始めて受けるあなたには『【最新版】おすすめのオンライン講座ランキング【初学者向け】』で合格に必要な知識を効率的に覚えられるオンライン講座を紹介。

【最新版】おすすめのオンライン講座ランキング【初学者向け】衛生管理者試験の初学者向けのオンライン講座ランキングを紹介。衛生管理者合格に必要な基礎知識から応用知識までを体系的に分かりやすく学べながら、合格にコミットしていることを重要視したランキングとなっています。...

衛生管理者試験が難しい根拠!

衛生管理者試験が難しい根拠!
衛生管理者試験は、出題傾向が変わり難しい試験となりました。

  • 出題範囲が広い
  • 聞き慣れない専門用語が多い

などが試験の難しい理由でもありますが、出題傾向が変わり過去問の暗記だけではなく衛生管理者に関する十分な理解がなければ合格できなくなり一層難しい試験となっています。

Shino40
Shino40
衛生管理者試験の合格率が近年下降傾向で難しい

衛生管理者試験の合格率が下がっている

衛生管理者試験の合格率が下がっている
衛生管理者試験の合格率は下がって、難しい試験になっています。

次の合格率の推移を見れば分かる通り、2016年からは3年連続で合格率が下がっています。

【合格率の推移】

年度 受験者数 合格者数 合格率
2020年 43,157人 18,916人 43.8%
2019年 68,498人 32,026人 46.8%
2018年 67,080人 29,631人 44.2%
2017年 65,821人 29,636人 45.0%
2016年 61,500人 28,003人 45.5%
2015年 55,129人 30,587人 55.5%
2014年 53,111人 29,922人 56.3%

また2015年と2016年で合格率が10ポイントも下がっています。

2016年以降、受験者数は増加傾向にありますが、合格者はほぼ一定で難化したことがわかりますね。

合格するためには『動画+過去問』を組み合わせて、計画的に勉強を続けていく必要があります。

衛生管理者試験の勉強方法で迷ったら『衛生管理者試験の効率的な勉強方法!こうやって勉強すれば合格できる』を確認して効率的に勉強し衛生管理者に合格しましょう。

衛生管理者試験の効率的な勉強方法!こうやって勉強すれば合格できる衛生管理者試験の効率的な勉強方法を紹介。どんな資格試験にも言えますが効率的な勉強方法は、衛生管理者の試験内容を知ることから始め、勉強ボリュームを分析し、勉強計画を立てて、役立つ勉強のツールを探すことです。...

衛生管理者試験が難しい理由【まとめ】

衛生管理者試験は、変形問題の出題割合が増え過去問のみ勉強していると合格が難しい!

勉強の常套手法と言われていた過去問だけの学習では、合格出来なくなってきているので試験が難しくなっています。

もし過去問だけの勉強で衛生管理者試験に挑もうとしていたなら考えを改めた方が良いでしょう!詳しくは、『衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない』で書いています。

衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない衛生管理者に合格している先輩から「過去問だけ勉強すれば衛生管理者に合格できる」なんて言われた方へ。衛生管理者の出題傾向が変わり過去問だけやっていると合格出来ないので注意が必要。本当に合格したいなら過去問だけの勉強は止めましょう。...