労働衛生

衛生管理者試験対策!化学物質による健康障害の覚え方

受験者
受験者
衛生管理者の化学物質による健康障害の覚え方を教えて下さい。

衛生管理者試験に出題される化学物質による健康障害の覚え方を紹介します。

衛生管理者で出題される化学物質による健康障害の覚え方

衛生管理者で出題される化学物質による健康障害の覚え方
衛生管理者試験で出題される化学物質による健康障害の覚え方は、『化学物質が引き起こす健康障害』になります。

「化学物質による健康障害」とは・・・化学物質が体内に吸収されることにより、神経障害、意識障害、呼吸器障害、肝障害、腎障害など、さまざまな健康障害を引き起こすことをいいます。

化学物質による健康障害についてしっかりと覚えましょう。

合わせて覚えたいのが「化学物質により発症するがん」ですね!こちらは『衛生管理者試験対策!化学物質により発症するがんの覚え方』で覚え方など解説しています。

衛生管理者試験対策!化学物質により発症するがんの覚え方衛生管理者試験の『化学物質によるがん』を解説!衛生管理者試験では、化学物質により発症するがんの種類について出題されます。発がん性のある化学物質については、出題項目が決まっているので解答しやすい問題です。...

化学物質による健康障害

化学物質による健康障害
衛生管理者試験に頻出する化学物質が引き起こす健康障害を紹介します。

衛生管理者試験に頻出する、17個の化学物質による健康障害を覚えていきましょう。

《化学物質とそれが引き起こす健康障害》

化学物質 健康障害
ベンゼン 造血器障害、白血病、がん
二硫化炭素 精神異常、肝障害、腎障害
ノルマルヘキサン 末梢しょう神経障害、頭痛、めまい
メチルアルコール 視神経障害
トリクロルエチレン 肝障害、腎障害、抹消神経障害
酢酸メチル 視力低下、視野狭窄
ジメチルホルムアミド 頭痛、めまい、肝機能障害
一酸化炭素 窒息
シアン化水素 細胞内の呼吸障害
硫化水素 意識消失、呼吸中枢麻痺
塩素 流涙、咽頭痛、胸苦しさ、呼吸困難、肺水腫
二酸化硫黄 上気道の刺激、慢性気管支炎、歯牙酸蝕症
二酸化窒素 肺水腫
コールタール 皮膚がん、肺がん
塩化ビニル 指の骨の溶解、肝臓の血管肉腫
ベンジン 膀胱がん
弗化水素 骨の硬化、斑状歯

健康障害を覚えるならオンライン講座

健康障害を覚えるならオンライン講座
健康障害を覚えるのにオンライン講座を使ってみてはどうでしょうか!

馴染みのないカタカナの化学物質は、暗記するのが大変!

衛生管理者のオンライン講座を受講したけど、講師から話しかけられているような講義動画は、頭に残り割と簡単に暗記できました。

\受講したのはアガルート!/

クリックで公式サイトへ

アガルートのオンライン講座について受講した感想は『アガルートの衛生管理者講座を受講してみた!評判・口コミの信憑性を検証』に書いていますので興味があれば閲覧下さい。

アガルートの衛生管理者講座の評判!受講者が評判・口コミの信憑性を検証衛生管理者を始めて勉強する方におすすめのアガルートのオンライン講座を受講してみました。衛生管理者資格を保有している資格マニアが、アガルートの衛生管理者講座を実体験することで評判や口コミが信じるに足るか確認してみました。...

衛生管理者の過去問【健康障害】

衛生管理者の過去問【健康障害】
衛生管理者試験の過去問で『健康障害』に関する出題を確認しましょう。

衛生管理者試験は、2016年度以降出題傾向が変わり難易度が上がってきています。

衛生管理者の出題傾向については『衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない』で書いていますので、過去問だけの間違った勉強をすると不合格になりますよ。

衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない衛生管理者に合格している先輩から「過去問だけ勉強すれば衛生管理者に合格できる」なんて言われた方へ。衛生管理者の出題傾向が変わり過去問だけやっていると合格出来ないので注意が必要。本当に合格したいなら過去問だけの勉強は止めましょう。...

紹介する過去問に出題されている化学物質と健康障害しか覚えない!なんて合格を捨てるようなことしないで下さいね。

衛生管理者!健康障害《2019年10月過去問出題》

2019年10月の衛生管理者過去問掲載の化学物質による健康障害の問題!

【問17】化学物質による健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 二酸化窒素による中毒では、末梢神経障害などがみられる。
  2. シアン化水素による中毒では、細胞内での酸素利用の障害による呼吸困難、けいれんなどがみられる。
  3. 硫化水素による中毒では、意識消失、呼吸麻痺などがみられる。
  4. 二酸化硫黄による慢性中毒では、慢性気管支炎、歯牙酸蝕症などがみられる。
  5. 弗化水素による慢性中毒では、骨の硬化、斑状歯がみられる。
解答・解説を表示する

解答(1)
解説:紹介した頻出項目から出題されているので、しっかりと紹介したことを覚えていれば正解できます。

衛生管理者!健康障害《2020年10月過去問出題》

2020年10月の衛生管理者過去問掲載の化学物質による健康障害の問題!

【問17】化学物質による健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 硫化水素による中毒では、意識消失、呼吸麻痺ひなどがみられる。
  2. ノルマルヘキサンによる健康障害では、末梢しょう神経障害などがみられる。
  3. N,N -ジメチルホルムアミドによる健康障害では、頭痛、肝機能障害などがみられる。
  4. 弗化水素による中毒では、貧血、溶血、メトヘモグロビン形成によるチアノーゼなどがみられる。
  5. ベンゼンによる健康障害では、再生不良性貧血、白血病などがみられる。
解答・解説を表示する

解答(4)
解説:これも紹介した項目から出題されていますが、誤っている健康障害の組み合わせを問われるので曖昧な暗記では解答できません。

衛生管理者!健康障害《2021年4月過去問出題》

2021年4月の衛生管理者過去問掲載の化学物質による健康障害の問題!

【問17】化学物質による健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. ノルマルヘキサンによる健康障害では、末梢しょう神経障害がみられる。
  2. シアン化水素による中毒では、細胞内での酸素利用の障害による呼吸困難、痙攣けいれんなどがみられる。
  3. 硫化水素による中毒では、意識消失、呼吸麻痺ひなどがみられる。
  4. 塩化ビニルによる慢性中毒では、気管支炎、歯牙酸蝕しょく症などがみられる。
  5. 弗化水素による慢性中毒では、骨の硬化、斑状歯などがみられる。
解答・解説を表示する

解答(4)
解説:紹介した頻出項目から出題されています。

 
各項目の過去問を『衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!』にまとめています。健康障害以外の過去問を確認してみて下さい。

衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!スマホで勉強可第1種衛生管理者と第二種衛生管理者の過去問を解説!衛生管理者(第1種、第二種)の合格に必要なよくでる論点を解説しながら具体的に過去問をやることにより直感的に衛生管理者の論点が理解できまる。...

衛生管理者試験の健康障害について【まとめ】

衛生管理者試験で出題される化学物質による健康障害の覚え方は、『化学物質が引き起こす健康障害』になります。

《化学物質とそれが引き起こす健康障害》

化学物質 健康障害
ベンゼン 造血器障害、白血病、がん
二硫化炭素 精神異常、肝障害、腎障害
ノルマルヘキサン 末梢しょう神経障害、頭痛、めまい
メチルアルコール 視神経障害
トリクロルエチレン 肝障害、腎障害、抹消神経障害
酢酸メチル 視力低下、視野狭窄
ジメチルホルムアミド 頭痛、めまい、肝機能障害
一酸化炭素 窒息
シアン化水素 細胞内の呼吸障害
硫化水素 意識消失、呼吸中枢麻痺
塩素 流涙、咽頭痛、胸苦しさ、呼吸困難、肺水腫
二酸化硫黄 上気道の刺激、慢性気管支炎、歯牙酸蝕症
二酸化窒素 肺水腫
コールタール 皮膚がん、肺がん
塩化ビニル 指の骨の溶解、肝臓の血管肉腫
ベンジン 膀胱がん
弗化水素 骨の硬化、斑状歯