労働衛生

衛生管理者試験対策!作業環境における騒音の覚え方

受験者
受験者
衛生管理者の作業環境における騒音の覚え方を教えて下さい。

衛生管理者試験に出題される作業環境における騒音の覚え方を紹介。

この記事の内容
  • 衛生管理者試験出題の作業環境における騒音
  • 作業環境における騒音の過去問
  • 衛生管理者の過去問まとめ!

衛生管理者で出題される作業環境における騒音の覚え方

衛生管理者で出題される作業環境における騒音の覚え方
衛生管理者試験で出題される作業環境における騒音の覚え方は、『騒音性難聴』になります。

「作業環境における騒音」とは・・・作業環境が一定レベル以上の騒音のもとにあり、その騒音を長時間聴いていると騒音性難聴という健康障害になります。

作業環境における騒音についてしっかりと覚えましょう。

作業環境における騒音

作業環境における騒音
衛生管理者試験に頻出する騒音性難聴を紹介します。

騒音性難聴の原因と症状などは比較的覚えやすいので確実に騒音について覚え得点につなげていきましょう。

《人の聴力と騒音》

  • 人間は、20~20,000Hzの音を聞くことができる
  • 等価騒音レベルとは、単位時間あたりの騒音レベルを平均化したもので、変動する騒音に対する人間の生理や心理反応とよく対応する。
  • 騒音レベルは、騒音計のA特性で計測しdB(A)で表す

《騒音性難聴》

  • 85dB以上の騒音を長時間聴いて、聴力が回復しないうちに繰り返すと内耳障害が起きる
  • 騒音性難聴は、内耳の聴覚器官の有毛細胞が変性・脱落することで音を神経に伝えることが困難になる
  • 通常の会話よりも高い音(4,000Hz前後)の聴力から低下するため、初期には自覚症状がない
  • 騒音性難聴は、投薬や静かな環境に変わっても治りにくい
  • 精神疲労にも関係し、自律神経や内分泌系にも障害が出る

騒音の知識が覚えにくければ動画を使うのが吉

騒音の知識が覚えにくければ動画を使うのが吉
作業環境における騒音の内容は、長い文章で覚えるのが苦手な人には難しい問題です。

だから衛生管理者試験対策の動画を使って視聴で脳にインプット!覚えやすくします。

おすすめの動画コンテンツは、合格者を多数輩出しているオンスクJP!

\オンスクJPで合格を勝ち取る/

クリックで公式サイトへ

衛生管理者の過去問【作業環境における騒音】

衛生管理者の過去問【作業環境における騒音】
衛生管理者試験の過去問で『作業環境における騒音』に関する出題を確認しましょう。

衛生管理者試験は、2016年度以降出題傾向が変わり難易度が上がってきています。

昔は、過去問を繰り返し勉強していれば衛生管理者に合格できましたが、それでは近年の試験に対応できません。

衛生管理者の出題傾向については『衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない』で書いていますので、間違った勉強方法をしないようにして下さい。

衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない衛生管理者に合格している先輩から「過去問だけ勉強すれば衛生管理者に合格できる」なんて言われた方へ。衛生管理者の出題傾向が変わり過去問だけやっていると合格出来ないので注意が必要。本当に合格したいなら過去問だけの勉強は止めましょう。...

衛生管理者!作業環境における騒音の《2017年4月過去問出題》

2017年4月の衛生管理者過去問掲載の作業環境における騒音の問題!

【問13】作業環境における騒音及びそれによる健康障害に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 人が聴くことのできる音の周波数は10Hz から 30,000Hz 程度までで、会話音域は 2,000Hz から 4,000Hz 程度までである。
  2. 騒音性難聴では、通常の会話音より低い音から聞こえにくくなる。
  3. 騒音性難聴は、音を神経に伝達する内耳の蝸牛の中の有毛細胞が変性することにより起こる。
  4. 等価騒音レベルは、中心周波数 500Hz、1,000Hz、2,000Hz 及び 4,000Hz の各オクターブバンドの騒音レベルの平均値で、変動する騒音に対する人間の生理・心理的反応とよく対応する。
  5. 騒音は、自律神経系や内分泌系へも影響を与えるため、騒音ばく露により、ストレス反応である副腎皮質ホルモンの分泌の減少が認められる。
解答・解説を表示する

解答(3)
解説:紹介した騒音性難聴項目から出題されています。(5)ストレスが増大すると副腎皮質ホルモンの分泌は促進されます。

衛生管理者!作業環境における騒音の《2017年10月過去問出題》

2017年10月の衛生管理者過去問掲載の作業環境における騒音の問題!

【問16】作業環境における騒音及びそれによる健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 音圧レベルは、通常、その音圧と人間が聴くことができる最も小さな音圧(20μPa)との比の常用対数を20倍して求められ、その単位はデシベル(dB)で表される。
  2. 等価騒音レベルは、単位時間(1分間)における音圧レベルを10秒間ごとに平均化した幾何平均値で、変動する騒音レベルの平均値として表した値である。
  3. 騒音性難聴は、音を神経に伝達する内耳の聴覚器官の有毛細胞の変性によって起こる。
  4. 騒音性難聴の初期に認められる4,000Hz付近を中心とする聴力低下の型をc5dipという。
  5. 騒音により、精神的疲労が生じたり、自律神経系や内分泌系が影響されることがある。
解答・解説を表示する

解答(2)
解説:紹介した等価騒音レベル項目から出題されています。(1)音圧レベルは、音圧と基準値(人間が聴くことができる最も小さな音圧)との比の常用対数を20倍して求められます。

衛生管理者!作業環境における騒音の《2018年10月過去問出題》

2018年10月の衛生管理者過去問掲載の作業環境における騒音の問題!

【問16】作業環境における騒音及びそれによる健康障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 騒音レベルの測定は、通常、騒音計の周波数補正回路のA特性で行い、その大きさはdB(A)で表示する。
  2. 騒音性難聴は、感音性の難聴で、耳鳴りを伴うことが多い。
  3. 騒音は、自律神経系や内分泌系へも影響を与える。
  4. 騒音性難聴は、騒音により中耳の有毛細胞が変性することにより生じる。
  5. 等価騒音レベルは、時間的に変動する騒音レベルのエネルギー的な平均値を表す量で、変動する騒音に対する人間の生理・心理的反応とよく対応している。
解答・解説を表示する

解答(4)
解説:紹介した騒音性難聴項目から出題されています。騒音性難聴の具体的な症状が、よく出題されていますがその他の騒音性難聴についても忘れずに学習していきましょう。

 
各項目の過去問を『衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!』にまとめています。作業環境における騒音の過去問を確認してみて下さい。

衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!スマホで勉強可第1種衛生管理者と第二種衛生管理者の過去問を解説!衛生管理者(第1種、第二種)の合格に必要なよくでる論点を解説しながら具体的に過去問をやることにより直感的に衛生管理者の論点が理解できまる。...

衛生管理者試験の作業環境における騒音について【まとめ】

衛生管理者試験では『騒音性難聴』を覚えることで解答できます。

《人の聴力と騒音》

  • 人間は、20~20,000Hzの音を聞くことができる
  • 等価騒音レベルとは、単位時間あたりの騒音レベルを平均化したもので、変動する騒音に対する人間の生理や心理反応とよく対応する。
  • 騒音レベルは、騒音計のA特性で計測しdB(A)で表す

《騒音性難聴》

  • 85dB以上の騒音を長時間聴いて、聴力が回復しないうちに繰り返すと内耳障害が起きる
  • 騒音性難聴は、内耳の聴覚器官の有毛細胞が変性・脱落することで音を神経に伝えることが困難になる
  • 通常の会話よりも高い音(4,000Hz前後)の聴力から低下するため、初期には自覚症状がない
  • 騒音性難聴は、投薬や静かな環境に変わっても治りにくい
  • 精神疲労にも関係し、自律神経や内分泌系にも障害が出る