衛生管理者とは

衛生管理者資格を転職に有利させるアピールポイント!転職先を絞ると決定的

転職希望者
転職希望者
衛生管理者資格を転職に有利にできる方法ありませんか?

衛生管理者資格を転職に有利にするアピールポイント!転職先を絞ると衛生管理者を取得していることが決定的になる

この記事の内容
  • 衛生管理者を転職に有利にする方法
  • 衛生管理者資格のポテンシャル
  • 衛生管理者取得が転職の決め手に!

衛生管理者資格を転職に有利にする

衛生管理者資格を転職に有利にする
衛生管理者資格を転職で有利にする方法は、衛生管理者って資格を認識すること!

  • 衛生管理者は難しい資格ではない
  • 衛生管理者が転職の決定打になることはない
Shino40
Shino40
結果!衛生管理者が転職で有利になることは『少ない』。

衛生管理者は、難しい資格ではないので取得していたからと言って転職に有利になることは少なく、アピールポイントとしては弱いと認識することです。

衛生管理者は難しい資格ではない

衛生管理者は難しい資格ではない
衛生管理者を取得していれば、合格率が高く難しい資格ではないことを知っていますよね!

合格率は、第一種衛生管理者が約45%、第二種衛生管理者が約55%となっております。

従業員が50人以上いる会社では、衛生管理者の選任が義務となっているので従業員に衛生管理者資格取得を推奨しているのが一般的!

衛生管理者取得を推奨している会社なら数人の衛生管理者資格保有者がいると考えられます。

だから衛生管理者資格が転職に有利になることは少ないよね。

衛生管理者が転職の決定打になることはない

衛生管理者が転職の決定打になることはない
衛生管理者の資格が、転職の決定打になることはありません。

前記した通り50人以上の従業員がいる会社にとって衛生管理者は、必須資格なので従業員に資格取得を推奨し数人の衛生管理者資格取得者が居るはずです。

そんな中で衛生管理者資格を持っているだけで転職に有利になることはありません。

それでは衛生管理者資格取得者が転職で有利になる状況とは!

急成長しているベンチャー企業が衛生管理者を求める状況が、衛生管理者資格を取得していることが転生に有利になる状況です。

転職先を絞り衛生管理者資格を決定打にする

転職先を絞り衛生管理者資格を決定打にする
衛生管理者の資格を転職の決定打にするためには、転職先を絞る必要があります。

  • 事業拡大を図るベンチャー企業
  • 衛生管理者と一緒に関連資格を取得取得

衛生管理者が唯一、転職の決定打になるようなケースについて解説します。

事業拡大を図るベンチャー企業に転職

事業拡大を図るベンチャー企業に転職
衛生管理者の資格を転職の決定打にするためには、事業拡大を図るベンチャー企業への転職をしましょう。

ベンチャー企業のように事業拡大を予定している企業では、現時点で従業員が50人を下回っているとしても、将来的に従業員が50人を上回る事業場となる可能性は大いにあります。

つまりは、事業拡大を図るベンチャー企業への転職では、衛生管理者の資格が決定打になりえると言えます。

また転職サイトで『衛生管理者』のキーワードで検索をすると

事業拡大に伴い、衛生管理者資格保持者を急募します。

なんて転職の募集内容を見つけることが時々できます。

衛生管理者と一緒に取得したい資格

衛生管理者と一緒に取得したい資格
転職をより有利にするために、衛生管理者の資格と関連するような資格を一緒に取得することです。

  • 安全管理者
  • 防火管理者
  • 危険物取扱者
  • 社会保険労務士

上記4つの資格について、簡潔に説明します。

資格 解説
安全管理者 安全衛生委員会における「安全」の管理を担います
防火管理者 職場の防火予防に対する責任者となります
危険物取扱者 危険物を取り扱う業種において、危険物の点検などの業務を担当する管理者
社会保険労務士 国家資格である社会保険労務士は、労働安全、労働衛生などをトータル的に担当する専門家

社会保険労務士の難易度は別格ですが、その他の資格は、講習を受講することで取得できたり、合格率の高い資格なので衛生管理者と合わせて取得することは可能なります。

もし社労士の勉強法に興味があったら知り合いが社労士に合格した勉強法を『【体験談】スタディング社労士講座で合格!社労士合格までの勉強方法』でインタビューさせて貰い記載しました。

【体験談】スタディング社労士講座で合格!社労士合格までの勉強方法スタディングの社労士講座で、社労士に合格した1児の母にしてOLの体験談を赤裸々にインタビュー!スタディングの社労士講座で効率的に勉強できたとしても、仕事に家事育児しながら社労士に合格するのは生半可な気持ちではできない。...

衛生管理者の転職という観点で言及しましたが、転職において衛生管理者を直接的に活かすことができなくとも、現在の勤め先で環境改善・維持に役立てることができます。

企業として手放せない人材、ほしい人材となるためにも、資格を取得し今後の転職や自身のキャリア形成に活かしてください。

衛生管理者の転職市場における状況【まとめ】

衛生管理者の転職市場での状況は、高い評価ではない!

  • 衛生管理者は難しい資格ではない
  • 転職の決定打にするには急成長の企業を狙え

衛生管理者資格は、正しい方法で勉強すれば合格できる資格であり衛生管理者資格保有者も多数いるので、転職に有利になることはありません。

衛生管理者の正しい勉強方法は『衛生管理者試験の効率的な勉強方法!こうやって勉強すれば合格できる』で書いていますので、こんなものかと確認してみて下さい。

衛生管理者試験の効率的な勉強方法!こうやって勉強すれば合格できる衛生管理者試験の効率的な勉強方法を紹介。どんな資格試験にも言えますが効率的な勉強方法は、衛生管理者の試験内容を知ることから始め、勉強ボリュームを分析し、勉強計画を立てて、役立つ勉強のツールを探すことです。...