衛生管理者とは

衛生管理者の必要性について!職場環境改善で社員の生産性向上

担当者
担当者
衛生管理者の必要性を感じません!なぜ必要なんですか

衛生管理者の必要性について!本気で取り組むと社員の生産性が向上する。

この記事の内容
  • 提案1
  • 提案2
  • 提案2

衛生管理者の必要性!法律に選任義務が記載

【画像説明文】
《導入》
衛生管理者に必要性はあります。

「一定数以上の労働者がいる事業場では、衛生管理者を選任しなければならない」と労働安全衛生法に選任義務が記載されています。

つまり、職場の労働安全衛生に関する重要なポジションだといえます。

さらに、法律に記載されている以外にも、

社員の生産性向上
健康経営
メンタルヘルス対策

など働きやすさや健康保持増進の管理を行うため、健全な企業活動においては衛生管理者の必要性は高いんですね。

《導入》

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3
項目1 項目2
aaa bbb
aaa bbb
aaa bbb
aaa bbb

衛生管理者の役割!業務内容について

【画像説明文】
衛生管理者の役割や業務内容について詳しく説明します。

衛生管理者の役割は、「社員の健康保持」「労働環境」「事業場内の安全衛生」を管理することです。

簡潔に言えば、労働者自身のケアや周囲の労働環境を管理する重要な役割ですね。

また、衛生管理者の業務内容は、「週1回の職場巡視」「衛生委員会の運営」「健康障害防止の措置」などです。

たとえば、週1回の職場巡視をしているときに、

室内温度が平均より暑い  → 空調設備の設置を衛生委員会で提案する
荷物が置かれ道を妨げている → 整理整頓を呼びかける
社員の超過残業が続いている → 産業医と面談させる

など具体的な対策を講じます。

このように、衛生管理者は職場の衛生全般を管理する重要なポジションにいます。

《導入》

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3

衛生管理者の必要性を感じない⁼社員の生産性が低い

【画像説明文】
衛生管理者の必要性を感じないのであれば、つまり、社員の生産性が低いといえます。

なぜなら、衛生管理者が不要=労働環境の改善が実行されない=生産性が上がらないからです。

衛生管理者は労働環境の改善を実行する立場であり、「より良く働きやすい職場づくり」には欠かせない存在です。

健康診断の結果をチェックする
労働時間を管理する
健康障害や有害因子を防止する措置を講ずる

これらの積み重ねで、労働障害や不安、疲労やストレスが軽減され社員の生産性が高まります。

つまり、衛生管理者が「より良く働きやすい職場づくり」を継続することで、社員の生産性が高まるわけです。

言い換えれば、衛生管理者の必要性を感じない職場では、労働環境の改善が行われず、社員の生産性も向上しないというわけです。

衛生管理者とは!誰でも分かるように簡単に役割を解説衛生管理者とはどんな役割を担っているのか簡単に説明!衛生管理者の役割を一言で簡単に言うと『従業員が健やかに働く職場環境を整備すること』。衛生管理者の役割はとても重要、簡単に務まる仕事じゃないんですよ。...
  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3
項目1 項目2
aaa bbb
aaa bbb
aaa bbb
aaa bbb

《本文》

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3

健康経営に衛生管理者は必要性がある

【画像説明文】
《導入》
社員の生産性向上に加え、健康経営に衛生管理者は必要性があります。

健康経営を実現するためには、衛生管理者の「従業員の健康維持・増進に関する施策」が欠かせないからです。

そもそも、健康経営とは、「従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること(引用元:経済産業省HPより)」。

つまり、健康経営では、従業員が少しでも長く健康に働けるよう、経営の視点から制度や施策を実行していかなければなりません。

そこで必要となるのが、衛生管理者。

衛生管理者は、従業員の健康維持・増進について第三者視点で取り組む権限を持っているからです。

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3

衛生管理者によるメンタルヘルス対策

【画像説明文】
《導入》
健康経営において、衛生管理者によるメンタルヘルス対策は重要な施策です。

なぜなら、メンタルヘルス(心や精神面の健康状態)は社員のパフォーマンスに直結するからです。

メンタルヘルスが不調になると、能力を十分に発揮できず生産性は低下します。

欠勤、休職、離職などにつながりますし、最悪の場合、精神障害による裁判や自殺ということもあり得ます。

そのため、衛生管理者は労働障害の防止措置に加え、社員のメンタルヘルス対策に力を入れるべきです。

具体的なメンタルヘルス対策としては、

セルフケア研修の実施
ラインケア研修の実施
ストレスチェック
相談窓口の設置
産業保健の専門スタッフとの連携
産業医面談の促進

などが挙げられます。

衛生管理者は、衛生委員会の中でこれらメンタルヘルス対策について提案することで、社員のメンタルケアと生産性向上に貢献できます。

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3

《本文》

職場に衛生管理者を増やしましょう

【画像説明文】

衛生管理者と社員の生産性向上に密接な関わりがあることがわかりましたが、必要最低限の衛生管理者しか選任していない事業場も多いことでしょう。

そこで、職場に衛生管理者を増やしましょう。

次の表のとおり、事業場の規模ごとに衛生管理者の数は異なりますが、あくまで必要最低限の人数です。

事業場の規模
(常時使用の労働者数)
衛生管理者の数
50〜200人
1人
201〜500人
2人
501〜1,000人
3人
1,001〜2,000人
4人
2,001〜3,000人
5人
3,001人〜   
6人

積極的に職場に衛生管理者を増やし、メンタルヘルス対策などを通じて健康経営、社員の生産性向上を目指していきましょう。

そのためには、衛生管理者の有資格者を増やす必要があります。

動画コンテンツによる効率的な学習などを通じて、有資格者を増やし、労働安全衛生の万全な体制づくりにつなげていきましょう。

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3
項目1 項目2
aaa bbb
aaa bbb
aaa bbb
aaa bbb

《導入》

\衛生管理者試験を動画で勉強/

動画コンテンツ公式サイト

  • 箇条書き1
  • 箇条書き2
  • 箇条書き3

衛生管理者の必要性について【まとめ】

《まとめ》