労働生理

衛生管理者試験対策!血液の液体成分の覚え方【労働生理】

受験者
受験者
衛生管理者の血液の液体成分の覚え方を教えて下さい。

衛生管理者試験に出題される血液の液体成分の覚え方を紹介。

衛生管理者で出題される血液の液体成分の覚え方

衛生管理者で出題される血液の液体成分の覚え方
衛生管理者試験で出題される血液の液体成分の覚え方は、『血漿(けっしょう)の成分と役割』になります。

「血液の液体成分」とは・・・血液の成分には血漿と呼ばれる液体成分と、血球と呼ばれる有形成分があります。血漿は、血液の55%を占め、栄養素・ホルモン・抗体などの運搬、血液の凝固など、多くの働きがあります。

血液の液体成分(=血漿)について知識を学び試験で正解できるようにしましょう。

血液の液体成分

血液の液体成分
衛生管理者試験に頻出する血液の液体成分『血漿の成分と役割』について紹介します。

《血漿の成分》

  • 血漿は、水分91%、タンパク質7%、脂質1%からなります。
  • タンパク質は、アルブミン54%、グロブリン38%、フィブリノーゲン8%からなり、肝臓で合成されます。

《血漿のタンパク質と役割》

成分 役割
アルブミン 血液の水分を保持し、浸透圧を維持する。
グロブリン ウィルスや細菌などから身体を保護する免疫の役割をする。
フィブリノーゲン 血液を凝固させる元になる物質。血液が凝固するときにフィブリノーゲンがのり状に固まってフィブリンとなる。

血液の液体成分について、血漿の成分とタンパク質の役割を覚えていきましょう

血液の有形成分

血液の55%を占める血液の液体成分!残りの45%は、血液の有形成分となっています。

衛生管理者の血液に関する問題には、液体成分と有形成分とそれぞれについて知識を深める必要がありますすので『衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】』も合わせてチェックして下さいね。

衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】衛生管理者試験の『血液の有形成分』を解説!衛生管理者試験では、労働生理の問題として血液の有形成分について出題されます。血液は、人体のメカニズムを知る上で重要なことなので衛生管理者試験には必ず出題されます。...

血液の液体成分を効率に覚えられるオンライン講座

血液の液体成分を効率に覚えられるオンライン講座
独学で血液の液体成分がなかなか覚えられない場合は、オンライン講座を使って効率的に暗記を進めましょう。

オンライン講座を使うことで、衛生管理者の勉強が効率的になり短期間で合格基準に達せます。

《オンライン講座のメリット》

  • 時間と場所を選ばずスマホで学習可能
  • 費用をかけ自身にプレッシャーをかける
  • 視覚と聴覚でインプット力を高めるので覚えられる

衛生管理者試験初学者向けのオンライン講座ランキングNo1の『アガルート』を受講すれば、独学で勉強を進めるより短期間で合格の知識が身につきます。

\あなたの勉強時期間を短くする/

アガルートの衛生管理者講座を受講する!

アガルートのオンライン講座内容が知りたければ実体験の情報『アガルートの衛生管理者講座を受講してみた!評判・口コミの信憑性を検証』をチェックして下さい。

アガルートの衛生管理者講座の評判!受講者が評判・口コミの信憑性を検証衛生管理者を始めて勉強する方におすすめのアガルートのオンライン講座を受講してみました。衛生管理者資格を保有している資格マニアが、アガルートの衛生管理者講座を実体験することで評判や口コミが信じるに足るか確認してみました。...

衛生管理者の過去問【血液】

衛生管理者の過去問【血液】
衛生管理者試験の過去問で『血液』に関する出題を確認しましょう。

衛生管理者試験は、年々出題傾向が変わり難易度が上がってきています。

過去問だけを覚えても惨憺たる結果に終わります『衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない』同じ轍を踏むことないようにして下さいね。

衛生管理者試験が変わった!過去問だけやっていると問題解けない衛生管理者に合格している先輩から「過去問だけ勉強すれば衛生管理者に合格できる」なんて言われた方へ。衛生管理者の出題傾向が変わり過去問だけやっていると合格出来ないので注意が必要。本当に合格したいなら過去問だけの勉強は止めましょう。...

衛生管理者!血液《2018年10月過去問出題》

2018年10月の衛生管理者過去問掲載の血液の液体成分の問題!

【問40】血液に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 血漿中の蛋白質のうち、アルブミンは血液の浸透圧の維持に関与している。
  2. 血漿中の水溶性蛋白質であるフィブリンがフィブリノーゲンに変化する現象が、血液の凝集反応である。
  3. 赤血球は、損傷部位から血管外に出ると、血液凝固を促進させる物質を放出する。
  4. 血液中に占める白血球の容積の割合をヘマトクリットといい、感染や炎症があると増加する。
  5. 血小板は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを貪食する働きがある。
解答・解説を表示する

解答(1)
解説:(4)ヘクトマリットとは血液に占める赤血球の容積の割合のことです。(5)細菌やウィルスを貪食するのは白血球です。

衛生管理者!血液《2019年10月過去問出題》

2019年10月の衛生管理者過去問掲載の血液の液体成分の問題!

【問40】血液に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 血漿中の蛋白質のうち、アルブミンは血液の浸透圧の維持に関与している。
  2. 血漿中の水溶性蛋白質であるフィブリンがフィブリノーゲンに変化する現象が、血液の凝集反応である。
  3. 赤血球は、損傷部位から血管外に出ると、血液凝固を促進させる物質を放出する。
  4. 血液中に占める白血球の容積の割合をヘマトクリットといい、感染や炎症があると増加する。
  5. 血小板は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを貪食する働きがある。
解答・解説を表示する

解答(1)
解説:2018年10月の公表過去問と全く同じ問題となります。

衛生管理者!血液《2021年4月過去問出題》

2021年4月の衛生管理者過去問掲載の血液の液体成分の問題!

【問40】血液に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 血漿中の蛋白質のうち、アルブミンは血液の浸透圧の維持に関与している。
  2. 血漿中の水溶性蛋白質であるフィブリンがフィブリノーゲンに変化する現象が、血液の凝集反応である。
  3. 赤血球は、損傷部位から血管外に出ると、血液凝固を促進させる物質を放出する。
  4. 血液中に占める白血球の容積の割合をヘマトクリットといい、感染や炎症があると増加する。
  5. 血小板は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを貪食する働きがある。
解答・解説を表示する

解答(1)
解説:また2018年10月の公表過去問と全く同じ問題となります。

 
公表された過去問が毎回同じ問題だからと言って『血漿中の蛋白質のうち、アルブミンは血液の浸透圧の維持に関与している』だけ覚えていると、あなたの試験時には違う問題が出題されるので注意が必要。

各項目の過去問を『衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!』にまとめています。血液の液体成分以外の過去問を確認してみて下さい。

衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!スマホで勉強可第1種衛生管理者と第二種衛生管理者の過去問を解説!衛生管理者(第1種、第二種)の合格に必要なよくでる論点を解説しながら具体的に過去問をやることにより直感的に衛生管理者の論点が理解できまる。...

衛生管理者試験の血液の液体成分について【まとめ】

衛生管理者試験では、『血漿の成分と役割』を覚えていきましょう。

《血漿の成分》

  • 血漿は、水分91%、タンパク質7%、脂質1%からなります。
  • タンパク質は、アルブミン54%、グロブリン38%、フィブリノーゲン8%からなり、肝臓で合成されます。

《血漿のタンパク質と役割》

成分 役割
アルブミン 血液の水分を保持し、浸透圧を維持する。
グロブリン ウィルスや細菌などから身体を保護する免疫の役割をする。
フィブリノーゲン 血液を凝固させる元になる物質。血液が凝固するときにフィブリノーゲンがのり状に固まってフィブリンとなる。

合わせて血液の有形成分『衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】』を確認して血液に関する知識を深めて下さい。

衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】衛生管理者試験の『血液の有形成分』を解説!衛生管理者試験では、労働生理の問題として血液の有形成分について出題されます。血液は、人体のメカニズムを知る上で重要なことなので衛生管理者試験には必ず出題されます。...