労働生理

衛生管理者試験対策!血液の液体成分の覚え方【労働生理】

受験者
受験者
衛生管理者の血液の液体成分の覚え方を教えて下さい。

衛生管理者試験に出題される血液の液体成分の覚え方を紹介。

この記事の内容
  • 衛生管理者試験出題の血液
  • 血液の過去問
  • 衛生管理者の過去問まとめ!

衛生管理者で出題される血液の液体成分の覚え方

衛生管理者で出題される血液の液体成分の覚え方
衛生管理者試験で出題される血液の液体成分の覚え方は、『血漿(けっしょう)の成分と役割』になります。

「血液の液体成分」とは・・・血液の成分には血漿と呼ばれる液体成分と、血球と呼ばれる有形成分があります。血漿は、血液の55%を占め、栄養素・ホルモン・抗体などの運搬、血液の凝固など、多くの働きがあります。

血液の液体成分(=血漿)についての知識をしっかりと覚えましょう。

血液の液体成分

血液の液体成分
衛生管理者試験に頻出する血液の液体成分『血漿の成分と役割』について紹介します。

《血漿の成分》

  • 血漿は、水分91%、タンパク質7%、脂質1%からなります。
  • タンパク質は、アルブミン54%、グロブリン38%、フィブリノーゲン8%からなり、肝臓で合成されます。

《血漿のタンパク質と役割》

成分 役割
アルブミン 血液の水分を保持し、浸透圧を維持する。
グロブリン ウィルスや細菌などから身体を保護する免疫の役割をする。
フィブリノーゲン 血液を凝固させる元になる物質。血液が凝固するときにフィブリノーゲンがのり状に固まってフィブリンとなる。

血液の液体成分について、覚えることは少ないのでしっかりと得点できるようにしましょう。

血液の有形成分

血液の55%を占める血液の液体成分!残りの45%は、血液の有形成分となっています。

衛生管理者の血液に関する問題には、液体成分と有形成分とそれぞれについて知識を深める必要がありますすので『衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】』も合わせてチェックして下さいね。

衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】衛生管理者試験の『血液の有形成分』を解説!衛生管理者試験では、労働生理の問題として血液の有形成分について出題されます。血液は、人体のメカニズムを知る上で重要なことなので衛生管理者試験には必ず出題されます。...

衛生管理者の過去問【血液】

衛生管理者の過去問【血液】
衛生管理者試験の過去問で『血液』に関する出題を確認しましょう。

衛生管理者試験は、2016年度以降出題傾向が変わり難易度が上がってきています。

最新の衛生管理者の裏ワザ勉強方法については『衛生管理者の最新裏ワザ勉強方法で合格!ドラゴン桜でも使っていた裏ワザ』で紹介しているのでしっかりと合格できる勉強方法を取得しましょう。

衛生管理者の最新裏ワザ勉強方法で合格!ドラゴン桜でも使っていた裏ワザ衛生管理者の裏ワザ勉強方法を紹介!今の時代、衛生管理者試験の勉強方法を高度化させ効率的にやるのが裏ワザ勉強方法と言えるでしょう。ドラマ「ドラゴン桜」でも使っていた裏ワザ勉強方法を衛生管理者試験でも取り入れませんか。...

衛生管理者!血液《2018年10月過去問出題》

2018年10月の衛生管理者過去問掲載の血液の液体成分の問題!

【問40】血液に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 血漿中の蛋白質のうち、アルブミンは血液の浸透圧の維持に関与している。
  2. 血漿中の水溶性蛋白質であるフィブリンがフィブリノーゲンに変化する現象が、血液の凝集反応である。
  3. 赤血球は、損傷部位から血管外に出ると、血液凝固を促進させる物質を放出する。
  4. 血液中に占める白血球の容積の割合をヘマトクリットといい、感染や炎症があると増加する。
  5. 血小板は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを貪食する働きがある。
解答・解説を表示する

解答(1)
解説:(1)~(3)紹介した頻出項目から出題されています。(4)ヘクトマリットとは血液に占める赤血球の容積の割合のことです。(5)細菌やウィルスを貪食するのは白血球です。

衛生管理者!血液《2019年10月過去問出題》

2019年10月の衛生管理者過去問掲載の血液の液体成分の問題!

【問40】血液に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 血漿中の蛋白質のうち、アルブミンは血液の浸透圧の維持に関与している。
  2. 血漿中の水溶性蛋白質であるフィブリンがフィブリノーゲンに変化する現象が、血液の凝集反応である。
  3. 赤血球は、損傷部位から血管外に出ると、血液凝固を促進させる物質を放出する。
  4. 血液中に占める白血球の容積の割合をヘマトクリットといい、感染や炎症があると増加する。
  5. 血小板は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを貪食する働きがある。
解答・解説を表示する

解答(1)
解説:(1)~(3)紹介した頻出項目から出題されています。(4)ヘクトマリットとは血液に占める赤血球の容積の割合のことです。(5)細菌やウィルスを貪食するのは白血球です。

衛生管理者!血液《2021年4月過去問出題》

2021年4月の衛生管理者過去問掲載の血液の液体成分の問題!

【問40】血液に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 血漿しょう中の蛋たん白質のうち、アルブミンは血液の浸透圧の維持に関与している。
  2. 血漿中の水溶性蛋白質であるフィブリンがフィブリノーゲンに変化する現象が、血液の凝集反応である。
  3. 赤血球は、損傷部位から血管外に出ると、血液凝固を促進させる物質を放出する。
  4. 血液中に占める白血球の容積の割合をヘマトクリットといい、感染や炎症があると増加する。
  5. 血小板は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを貪食する働きがある。
解答・解説を表示する

解答(1)
解説:(1)~(3)紹介した頻出項目から出題されています。(4)ヘクトマリットとは血液に占める赤血球の容積の割合のことです。(5)細菌やウィルスを貪食するのは白血球です。

 
各項目の過去問を『衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!』にまとめています。血液の液体成分以外の過去問を確認してみて下さい。

衛生管理者試験(第1種・第二種) の過去問題解説!スマホで勉強可第1種衛生管理者と第二種衛生管理者の過去問を解説!衛生管理者(第1種、第二種)の合格に必要なよくでる論点を解説しながら具体的に過去問をやることにより直感的に衛生管理者の論点が理解できまる。...

衛生管理者試験の血液の液体成分について【まとめ】

衛生管理者試験では、『血漿の成分と役割』を覚えていきましょう。

《血漿の成分》

  • 血漿は、水分91%、タンパク質7%、脂質1%からなります。
  • タンパク質は、アルブミン54%、グロブリン38%、フィブリノーゲン8%からなり、肝臓で合成されます。

《血漿のタンパク質と役割》

成分 役割
アルブミン 血液の水分を保持し、浸透圧を維持する。
グロブリン ウィルスや細菌などから身体を保護する免疫の役割をする。
フィブリノーゲン 血液を凝固させる元になる物質。血液が凝固するときにフィブリノーゲンがのり状に固まってフィブリンとなる。

合わせて血液の有形成分『衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】』を確認して血液に関する知識を深めて下さい。

衛生管理者試験対策!血液の有形成分の覚え方【労働生理】衛生管理者試験の『血液の有形成分』を解説!衛生管理者試験では、労働生理の問題として血液の有形成分について出題されます。血液は、人体のメカニズムを知る上で重要なことなので衛生管理者試験には必ず出題されます。...